リサイクル活動につながる無料の古紙回収

リサイクル活動につながる無料の古紙回収

日常生活や仕事をしていると、不要な紙が毎日にように出て、大量の古紙の処分に手を焼いているというケースもあります。そんな場合には古紙回収を無料で行ってくれて、集めたものをリサイクルしてくれる業者を利用することがおすすめです。

新聞やダンボール、雑誌やカタログなど日々処分する紙は出るものですが、毎日回収があるわけではないですし、ある程度溜めてから捨てるのが一般的です。しかし、紙は重く処分が大変です。個人で使用する分であれば捨てるのも簡単ですが、オフィスなどで出る多量の古紙の処分は、回収業者に依頼している場合が多いでしょう。そのため、業者へ費用の一部を負担するケースも少なくありません。

依頼ができる専門業者は数多く存在しており、中には無料で古紙回収を行う業者もあります。その業者で集めている紙類の品目は、新聞、オフィス古紙や紙管など多様で、紙製品全般に対応しているところもあります。回収は団体や一般だけでなく、官公庁やオフィス、商業用店舗といったあらゆるところを対象としています。また、学校の行事であるPTAや子供会などで収集したものでまとまった量なら、工場に直接持ち込めます。

引き取ってもらう日時の指定もできますし、定期的に出る場合にはそれに合わせて回収を依頼することも可能です。個人情報や機密書類などの取り扱いを気にされる方も多くいますが、溶解処理といった手法で適切に、また、基準に基づいて処理しているので安心して依頼できます。その処理方法は、回収後にそのまま製紙メーカーへ運び、未開封のまま箱ごと装置に入れるもので、溶解後には異物を取り除いて洗浄や殺菌漂白され、トイレットペーパーなどに製品化されます。依頼主に安心と安全のため、証明書の発行をしている業者もあります。

古紙回収を無料で行う業者では、紙類を集めた後はリサイクル資源として販売しているため、お金をもらわずに回収にあたれるのです。回収した紙類は、ヒモ取り機や手作業で紙以外の不純物を取り除き、紙質ごとに分別し、種類ごとに梱包されます。丁寧に仕事をしていることから、クオリティの高い紙としての再利用が可能になっています。

また、回収されたものは製紙メーカーへ出荷され、国内や海外の製紙業者でリサイクル製品に生まれ変わります。古紙回収が無料でできる業者に回収依頼することは、資源のリサイクル貢献していることになるのです。地球環境の保護にも繋がっており、誰もが簡単に貢献できる方法です。

INFORMATION

2020年08月26日
ホームページを更新しました。

おすすめ


  [準備中]